キャッシング借り換えおまとめで金利を低くする

6月 26th, 2013

消費者金融系キャッシングでは審査が簡単に通る事が多いので、借り入れ開始した頃だけ気をつけて返済する方が多いですが、段々と何か合った時にキャッシングすればOKという考えになってきて、借り入れ額が増えていき返済に困るという方は多いです。

使う程金銭感覚がマヒしがちで、今自分がいくら借りているかすら曖昧な状態になってしまい、何時の間にか何件かのキャッシングを重ねてしまっていて多重債務状態に陥る可能性が高いのです。

多重債務になる人も大抵は困った時にちょっとキャッシングしようという気楽な感覚が発端です、多重債務状態に陥れば月々返済額で返済しているのが利息分のみという状態になる事もありえます。とこうなれば、ずっと利息だけ払って元本が減らない完済不可能状態になるのです。

こういう状態を防ぐには、やはりキャッシング時に返済計画を練り込んで、粛々と計画通りに返済するという事が重要で、終始借り入れ状況を整理して少しでも早く返済出来るように返済意識を強く持つことです。

多重債務状態になり、利息払いに苦しんだ時には複数業者へのキャッシングを、金利が低い業者一か所に纏めて借り換えしてしまうという手があります。

複数社への返済日を忘れる事も無いですし、返済手間も一社に借り換えして纏めて貰う事で毎月一度の返済日になりますから返済が楽になります。

その上に複数業者への借金で困る位なら、借金総額も100万円を超えている事がほとんででしょうから、一社に纏める事で利息が低くなるという特性を利用して、金利を下げて返済に回すという事が出来るのです。

そうなると纏めた地点での借金総額は変わらないですが、今後払う事になる返済総額はかなり減らす事も可能になるので、一本化借り換えのサービスは利点が大きいのです。

借り換えてまとめる場合は、金利が低い銀行系カードローンがおススメです。
銀行での乗り換えに成功すれば、かなり利息を下げる事が出来るので、多重債務状態の方は一度申込みをして相談に乗って貰うのも良いでしょう。

消費者金融のカードローンはお得

5月 28th, 2013

カードローンをお得に選ぶなら、ポイントが付いていてポイントがたまると何かと交換出来るサービスが付いている等もよいですし、金利の低さも利用におけるお得さです。

更に金利の負担を軽減出来るカードローンも魅力があると思いませんか?
また、消費者金融業者のカードローンには、ショッピング機能付きカードローンもありますし、ポイントサービス付きカードローンもあります。

更に無利息期間のついたカードローンもあるので、利息の負担なく大変お得に利用できるローンとなります。
お得といっても人により何がお得かは異なりますが、やはりポイントが付いて何科に交換できるとか、無利息で借りられるカードローンはとてもお得に利用できるローンになると思います。

 

プロミスの返済方法は便利

5月 7th, 2013

私は時々たくさんお金を使いすぎてしまうことがあります。なぜなら欲しい物があるとどうしても買わないと気が済まないからです。
そして欲しい物がたくさんあってお金を使いすぎてしまうと生活をするためのお金が足りなくなってしまうことがあり。こういう時にはプロミスでお金を借りています。

プロミスは一般の人のお金を貸すことを業としている消費者金融の会社の一つで昔からの老舗なのでとても安心してお金を借りることができます。

そしてプロミスはお金も借りやすいのですが、借りたお金を返済する方法がいろいろあって便利です。
返済方法は窓口の他にインターネット、提携のお店でのATM、口座振替などいろいろあります。

私はいつもインターネット返済を利用しています。

総量規制対象外のネット銀行

4月 23rd, 2013

メガバンクや都市銀行や地方銀行などの従来の銀行経営は、集めた預金を大企業中心の企業貸付に回しその預貸金利差と為替や有価証券取引の各種手数料収入で銀行経営を行うというビジネスコンセプトで成り立っています。

一方、じぶん銀行などのネット銀行は富裕層の個人顧客や大企業顧客を持っていませんから、従来の銀行の様な経営コンセプトは成り立ちません。

つまり、不特定多数相手の各種手数料収入や個人顧客を対象にした小口ローンが、業務純益の中心になるビジネスコンセプトです。

ネット銀行は従来の都市銀行や地方銀行等とは全くビジネスコンセプトが違う訳です。

従って、従来の銀行は多くの店舗と多くの銀行員が必要となりますが、ネット銀行は優秀なシステムさえあれば営業店舗や多数の行員は必要ありません。

例えば、じぶん銀行は1店舗のみで100人程の行員で営業しています。

現在、ネット銀行はじぶん銀行など8行ありますが、ネット銀行の特質を活かしたインターネットバンキングとインターネットから申込める円定期預金や外貨預金や無担保カードローンに特に力を入れています。

例えば、じぶん銀行の個人向け無担保カードローンは「じぶんローン」と呼ばれ、年利4.6%~17.5%の適用金利で借入上限額は500万円となっています。

特にネット銀行の特長を生かした無担保カードローンは、インターネットの簡単な審査でスピーディーに10万円~50万円程度の手頃な資金を融資するシステムに徹しています。

そして、ネット銀行各社が個人向け無担保カードローンに注力する理由は、貸金業法の改正による総量規制の導入で信販クレジット会社や消費者金融会社のカードローン融資から締め出された専業主婦・パート・アルバイト・学生・契約社員・派遣社員などのカードローンの受け皿を狙っているからに他なりません。

銀行は貸金業法の適用外の業種だからです。

従って、総量規制で信販クレジット会社や消費者金融会社のカードローン融資を受けられなくなった場合は、総量規制対象外のネット銀行のカードローンに申込むことも選択肢の1つと言えます。

無利息でネット利用可能の銀行カードローンレイク!レイク即日融資対応で人気となっていますよ

初めて利用したアイフル

4月 23rd, 2013

最近、お金に困ってしまってアイフルを初めて利用してみたのですが、思っていたよりもスムーズに借りることができました。
初めての申し込みは、インターネットで行ったのですが、特に困ることなく表示されていた項目を埋めていって、申し込みを完了しました。審査も意外と早く終わり、契約手続きを行っていきました。

その手続きというのも、とても怖いのではないかと勝手なことを考えていたのですが、その考えは全くの間違いで、とてもクリーンな感じでした。

そのあとは、カードを発行してもらったので早速お金を融資してもらいました。早く返済することができれば、金利もかからないということですので、給料が出る数日前に利用すれば、アイフルはお得かなと感じました。

住宅ローン借り換え

4月 23rd, 2013

住宅ローンだけに限る話ではありませんが、融資を借り換えして毎月の負担を軽減させようと考える場合には、まず家計に関しても再確認する必要があります。

住宅ローンを借り換えする場合、借り換えに伴う融資商品の借り入れ条件等をよく認識する事が必要ですし、その上でしっかりと検討する事が大切です。

なお且つ、それ以前に家計には無駄が無いか?を確認する事も重要で、借り換えをする前にまず家計に関する点検を行う事も非常に大切です。
要するに家計の支出をスリムにするということですが、生活をしていく上で色々な費用がかかると思います。

例えばお子さんがいれば教育費もあるでしょうし、食費やお小遣い等もあるでしょう。

また交際費や洋服代等もあるかもしれません。

ですが、こうした出費の中から何か削れないものは無いか?必要の無いものは無いか?という部分をよく考え、そうした無駄を省く事もやはり、借金を返す、借り換えする場合には必要となっていくのです。

アコムの特徴

4月 23rd, 2013

アコムの特徴としては 、母体が三菱東京UFJ銀行グループという大手金融会社です。

パート・アルバイトでも融資を受けられる消費者金融会社の1つで、キャッシング審査はホームペジで3秒即診断可能なコンテンツがあります、そこで可能が出れば本審査してもらいます。

審査は、最短30分で終了と業界でも最速の部類に入り、消費者金融の特徴である、速さという点には拘りを感じます、審査に通ると即日キャッシングも可能ですから、急な出費にも対応できます。

1つ不満があるとすれな、アコムには各社大手のサービスにもある、一定期間に借金返済すれば無利息になる無金利キャッシングサービスの設定が無い所でしょう。
金利も低いわけでないですが、大手特有の信頼感は磐石です。

審査は、在籍確認も行われます。

4月 4th, 2013

アイフルでいずれかの方法で融資の申し込みを行うと、申告した情報を元に審査が行われます。

この審査は、どの消費者金融を利用しても行われるもので、簡単に説明すると融資を行う事で全額返済して貰う事が出来るのか?審査するものです。

基本的には、年齢・年収・職種・他社借入を元に審査されますが、その情報が本当で在籍するのか?自宅や勤務先に担当者から在籍確認の電話が掛けます。

私も勤めていた会社に担当者名で○○さん、いらっしゃいますか?みたいな電話を何本も受けた事がありますが、実際に消費者金融の担当者であるかは定かではありません。

また、自分自身もアイフルで申し込みをした時に自宅に担当者名で電話があったようで、家族が出たのですが、自宅に帰ってから家族に○○さんって方から電話があったよ~と伝えられただけでばれることも疑われる事もありませんでした。

実際、消費者金融でお金を借りる方のほとんどは、周囲に話すことなく申し込みを行っている人が多く、自宅や勤務先に担当者から電話があることは、正直言って嫌なものです。

その理由は、全く知らない人から電話がある事で何かあるのかな?と感づき、ばれるのを恐れているからです。

もし、消費者金融を利用した事のある人が担当者からの電話を取るともしかして、どこかからお金を借りようとしているのかな?と疑う人も出てくるでしょう。

しかし、担当者は、けして情報を口外することはありませんし、自分からお金を借りる事を言ったり、書類やキャッシュカードを周囲の人に見られなければばれる心配はありません。

審査は、一度通過すると限度額範囲内の取引であれば再度、審査を受ける必要がありませんが、他のサービスや限度額の引き上げを申し込むと新たに審査を受ける必要があります。

私は、車購入のために150万円迄限度額の引き上げを申し込んだのですが、その際の担当者からの在籍確認が職場にあり、○○さんって消費者金融からお金を借りた事ありますか?と聞かれ、一瞬ドキッとしましたが、その後特に問題はありませんでした。