300万円借りる

300万円借りるならどの銀行カードローンが良い?

300万円という大金を借りなければならない状況になったら何処から借りれば良いのでしょうか?車や家等を購入するとなると、専用のローンを使う事で比較的簡単に借りる事は出来るのですが、その目的以外に利用する事は出来ません。

 

では利用目的を問わず自由に300万円を借りれるところはあるのでしょうか?利用目的を問わないのが銀行カードローンで、申込をする時に提出しなければならない収入証明書も100万円〜300万円の融資限度額の場合は提出不要で申込をする事が出来るので安心して利用する事が出来ます。

 

銀行カードローンは総量規制対象外ですので、年収が少ない方でも申込をする事が可能ですので安心して下さい。

 

当サイトでオススメ出来る銀行カードローンを下記に掲載していますので、借入先にお困りの方は参考にしてみて下さい。

 

300万円借りるならココ!オススメ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン

 

三菱東京UFJ銀行カードローンは融資限度額は10万円〜500万円となっており、300万円を借入する事は実質可能となっています。しかも三菱東京UFJ銀行カードローンは申込をしたその日にお金を借りれる即日融資に対応しているので急ぎで300万円を借入する事が可能となっています。WEBからの契約も可能で、実際に店舗まで足を運ぶ必要もないので手間なくお金を借りる事が出来ます。

 


楽天銀行スーパーローン

 

楽天銀行スーパーローンの融資額は10万円〜500万円の設定となっており、収入証明書の提出は限度額300万円まで不要なので300万円を借りるにはうってつけの銀行カードローンです。もし収入に不安あるけど300万円借りたいといった方でも楽天銀行スーパーローンは収入証明書の提出が不要なので気軽に申込をする事が可能です。楽天銀行スーパーローンに契約すれば楽天スーパーポイントが1000ポイント貰える上に、利用限度額に応じて追加でポイントも貰えるのでとてもお得ですね!

 

プロミス公式ページ


 

300万円借りる為には収入以外にも信用が必要

総量規制対象外の銀行カードローンでは実質的には300万円を借入する事は可能ですが、実際にはある程度の収入と信用が必要です。収入に関しては最低でも400万円以上は必要でしょう。信用に関しては、過去にローンの返済に遅れていたり、すでに何社からも借金をしていたり、自己破産や債務整理の経験がある方は信用の面で劣ってしまっているので中々300万円を借入する事は難しいと考えて良いでしょう。

 

まず申込をされる前に信用があるのかどうか、そしてもし借りれた時に返済していけるだけの収入があるのかどうかについても考えておく必要があります。

 

300万円借りた場合の月々の返済額とは?

300万という大きな額ですから、決して短期間で返せるものではありません。できるだけ無理せずに返そうとして、月々の支払を3万円と決めた場合は返済期間は11年8ヶ月に及び、しかも利息の総額は120万となりますから返済総額は借入した300万円と利息の120万円を合計して420万円にもなってしまいます。

 

やはり巨額の借入をして長期返済を行ってしまうと、その分利息の額も増えてきてしまいますのでかなり損をしてしまう事となります。

 

お金を借りたからには利息が発生するのは当たり前ですので回避しようがありませんが、出来るだけ余裕のある月は追加で返済する事が利息を抑える唯一のコツです。

 

安定した収入とは何を指すのか

銀行カードローンに申込をするためには、安定した収入が必要です。この安定した収入という表現は、時として理解しづらいこともあります。というのは、何をもって安定した収入と呼ぶのかによって、申込資格を満たしているのか否かの判断が変わってくるからです。ここでは、安定した収入の定義について見てみましょう。

 

銀行カードローンの定める安定した収入とは、「毎月定期的に得ることのできる収入」のことを言います。この点を満たしていれば、どういう職種でも良いのです。正社員でも契約社員でも、雇用形態も問いません。

 

また、安定した収入と言うと、会社に勤めて稼いだお金があることばかりイメージしますが、そうとも限りません。例えば、会社を定年退職して年金で暮らしている方でも、年齢などの条件で問題なければ、申し込むことができます。年金は毎月入ってくる収入なので、安定した収入とみなされるからです。また、会社員ではなく、自営業の方や、不動産収入などで暮らしている方でも大丈夫です。これらの収入も、毎月の収入と同じです。もちろん、メインのお仕事と副業のお仕事をかけもっている場合でも、安定した収入のある人の類に入ります。

 

安定した収入と言われると、会社に勤めている方以外は、諦めてしまいがちですが、身の周りをよく見てみると、安定した収入があることに気づきます。安定した収入とは、雇用形態ではなく、毎月収入が決まって入ってくるかどうかです。まずこの点を、きちんと認識することが大切です。